ガールフレンド(仮) 部活

恋愛ゲーミング

ガールフレンド(仮) の部活から紐解く女性との出会いを増やすコツ

ガールフレンド(仮) 部活

 

ガールフレンド(仮) には、学園恋愛ゲームだけあって部活というものがあります。

 

ガールフレンド(仮)の初心者のなかには、まだ部活を利用していない人も多いでしょう。

 

しかしそれはもったいないことです。ガールフレンド(仮) の部活をうまく利用できれば、ゲームを有利に進めることができるのです。

 

恋愛においても何かの所属することでいろんなことでメリットはあります。

 

部活は設立することもできる

ガールフレンド(仮)の部活は、入部するだけではなく、設立することもできます。

 

部活の設立方法は、レベル5以上で友達が2名以上が必須になってきます。

 

まあ最初は、部活を設立するのではなく、入部したほうがいいかもしれません。部活の掛け持ちはできないので、設立したいのであれば、退部しなくてはいけません。

 

部活をやるメリット

部活をやるメリットはなんといってもイベント時のさまざまな恩恵を受けることができることでしょう。

 

対抗戦イベントへの参加、レイドイベントでのSRカードを入手しやすかったり、マラソンイベントでコンボボーナスをもらえたりするのです。だからガールフレンド(仮)は部活は入っておくべきなのです。

 

何かに所属するメリット

恋愛においても何かに所属することによってさまざまな恩恵を受けることができるのです。

 

例えば、社会人サークルに属する、何かの勉強会に属する、何かの学ぶ講座に属するなどです。

 

社会人になると会社以外に何か属したりすることを嫌がる人がいます。しかしそれはもったいないことです。

 

何か属することによって男友達を増やして女性を紹介してもらったり、合コンだって開催しやすくなるでしょう。

 

また、女性との出会いも増えることは間違いなのです。また、何かの趣味やイベントで知り合った人たちでFacebookのグループやLINEのグループを増加させることも出会いを増やすコツです。

 

連帯感というのは、恋愛感情が生まれやすいのです。ネットなどで女性と出会う方法が増えているのにも関わらず、社内結婚が多いのはそのためです。

 

会社で出会いがないと思っている人は、ガールフレンド(仮)の部活のように何か所属してみてはどうでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧