嫌われる メール

恋愛ゲーミング

女性に嫌われるメールの特徴7つ

嫌われる メール

 

あなたは気づかず嫌われるメールを気になる女性に送っていないだろうか。

 

気になる女性に実際に会っているときに、どんなに好意を持たせることができたとしてもメールが悪ければ嫌われることはよくあります。

 

メールで嫌われないように、以下のことは気を付けなければいけません。メールでせっかくのチャンスを逃してしまうのはとってももったいないことです。

 

とにかく読みにくいメール

あなたは、メールを送る前にしっかり読み返していますか。仕事では何度も読み返すのに、恋愛となるといい加減に送っている男性はいます。

 

メールを送るということは、相手に読んでほしいと思っているはずです。それなら読みやすいメールを心がけましょう。

 

そのためにはメールを送る前に読み直して、読みにくくないかチェックしましょう。

 

長いメール

気になる女性にメールを送る場合についつい思いが強いので長いメールになりがちです。

 

しかし嫌われたくないなら長いメールはやめたほうがいいです。読む方は疲れますし、そもそも長いメールをだらだら読みたい女性は稀です。

 

もちろん相手が長いメールを送ってきた場合は多少応える必要はあります。しかしそれでも長いメールは避けたほうがいいでしょう。

 

質問ばかりのメール

質問ばかりのメールは、はっきりいって嫌われます。気になる女性のことをいろいろ知りたいがために質問ばかりのメールを送り男性がいます。

 

しかしそれをいちいちすべて答えるのは苦痛でしかありません。質問をするならできるだけ質問する内容を絞ってメールを送りましょう。

 

キャッチボールを無視する

会話はキャッチボールと言いますが、メールでも同じです。相手の女性がまだ返信メールをしてきていないのに、メールを送るのはやめましょう。

 

例えば明日どこで待ち合わせするとメールして、返信メールがきていないのに、新宿駅にあるスターバックスにしようなどメールを送らないことです。メールをする場合もキャッチボールを心がけましょう。

 

そっけないメール

メールというのは、ただでさえそっけなくなりがちです。例えば相手の女性が待ち合わせの時間に遅れてメールをしてきたとしましょう。

 

別に遅刻することに何とも思っていなくても「了解。」のみだと怒っているかもと勘違いされることがあります。

 

「了解です。全く問題ないから気をつけてきてね。」ちょっとしたことですが、これだけで全く印象が変わります。

 

メールは誤解されやすいツールなので、そっけなくならないように気を付ける必要はあります。

 

下ネタメール

実際に会っていてお互い盛り上がっているときに下ネタを多少言っても問題にならないことは多いです。

 

しかしメールはただでさえ誤解が生じやすいので下ネタの内容は送らないほうがいいでしょう。

 

相手を傷つけようと思っていなくても受け方によってはセクハラに感じたり、相手の女性がすごく不快に感じることがあります。

 

メールで答えにくい質問メール

メールで答えることが難しいことってありますよね。例えば、将来何がやりたいの、親ってどんな人などです。将来何をやりたいと言われてさっといえる人もいますが、なかなか一言で答えることは難しいですよね。

 

親のこともさっと一言で書くのは難しいでしょう。文章にすると書きにくい、答えずらい質問はメールでしないほうがいいでしょう。

 

メールはあくまでコミュニケーションツールのひとつですが、うまく使いこなさないと誤解を受けて、嫌われることはよくあるのです。

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧