パーソナルスペース 心理学 男女

恋愛ゲーミング

心理学から学ぶパーソナルスペースに入って男女の距離を詰める方法

「あれこの人ちょっと近すぎる。なんか近すぎて不快に感じる」あなたはこういった経験がないだろうか。

 

人には相手によって心を許せる距離というがあり、それを越えると不快に感じることがあるのです。心理学的用語でいうとパーソナルスペースと言われております。

 

男女の関係になるには距離を詰める必要がある

パーソナルスペースというのは、主に4つに分けられます。密接距離、個体距離、社会距離、公共距離です。もしあなたが、気になる女性と男女の関係になりたいなら密接距離まで近づかなければいけないのです。密接距離は、だいたい45センチ以内と言われていますから相当近いと感じる人も多いでしょう。

 

男女によってパーソナルスペースは違う

気になる女性がいるなら密接距離まで近づく必要があるのですが、何の前触れもなくやると嫌われる可能性が高いです。パーソナルスペースというのは、簡単に説明すると縄張りですからズカズカ入ってこられると誰だって嫌なのです。そのためパーソナルスペースの密接距離に入るためには、工夫が必要です。実は、パーソナルスペースは男女によって感じ方が違います。男性のパーソナルスペースは、前と横は狭く、後ろは比較的広い傾向にあります。一方で女性のパーソナルスペースは、横は狭く、前と後ろは比較的広く、横は狭いのです。だからあなたがやるべきことは、気になる女性の横につく必要があるのです。何気なく横から近づくとパーソナルスペースの密接距離に入りやすくなるのです。もちろん女性のパーソナルスペースの横が狭いとはいえ、いきなり近づこうとする嫌がる人もいるので、飲み物を注いであげるなどきっかけを作る必要があるでしょう。

 

パーソナルスペースの密接距離に入れるかというのは考え方によってはゲームのように考えれば楽しくできます。気になる女性に対して今日は入れたなど楽しくやってみましょう。また、パーソナルスペースについて今回の記事では一般的なことを書きましたが、人によっても違うことも忘れないでください。パーソナルスペースが広い人もいれば、狭い人もいます。相手の表情をよく見ながらどこまでがパーソナルスペースなのか観察することも大切です。

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧