嫌われる 話し方

恋愛ゲーミング

よくやってしまう嫌われる話し方、4つのパターン

あなたは気づいていないかもしれません。しかし嫌われる話し方をしているかもしれません。嫌われる話し方というのは、家族やよっぽど仲の良い友達しか指摘してくれる人はなかなかいません。

 

せっかく女性があなたに好意を持っていたとしても嫌われる話し方をして、幻滅されてしまったらすごくもったいないですよね。これからよくやってしまう嫌られる話し方を紹介します。思い当たる節はないかチェックしてみてください。

 

上から目線の話し方

上から目線は、嫌われる話し方です。特に相手の女性が年下の場合は上から目線になっていないか話し方を気を付けなければいけません。上から目線の話し方は、意外と本人は気が付かなかったりするからやっかいなのです。例えば相談を持ち掛けられていつの間にか説教になっていたり、なぜできないのかと問い詰めていないでしょうか。特に学歴が高い人、エリートコースにいる人、仕事で成功している人は注意が必要です。

 

相手の事を全く考えていない

相手の反応を無視して、自分ばかり話すことも嫌われる話し方です。会話はキャッチボールというように、お互いのことを気遣うことが大切です。相手が何か話したそうにしているのに、自分の話題のことばかり終始してしまうと嫌われて当然です。ついつい自分のことばかり話してしまう人は、聞くことに注力してみてください。自分はしゃべっていないと思っても意外と話していることは多いのです。

 

ネガティブなことばかり話す

あなたはついついネガティブことばかり話していないだろうか。どうせうまくいかない、嫌なことばっかり、ホントやってられない。変化が激しく厳しい時代ですからついついネガティブなことを言いたくなります。しかしネガティブなことばかり話していると嫌われてしまうでしょう。また、人の悪口を言うのは避けたほうがいいでしょう。誰が聞いているかわかりませんし、人の悪口を聞いて良い気分になる女性はまずいないでしょう。

 

話の流れを遮る話し方

話の流れを遮るのも嫌われる話し方です。会話というのは、流れがあります。ファッションのことで会話しているのに、急に仕事のことを話されていい気分になる人はいないでしょう。ついつい他の事を話したくなるのは、わからないわけでもないです。しかし話の流れを遮るのはやめましょう。話題を変えたいならある程度相手が話し終わってからするべきです。

 

思い当たる節ななかったでしょうか。スーパーマリオでも星を取って、無敵のスターマリオになっても穴に落ちてしまうとゲームオーバーになってしまいますよね。恋愛でもどんなに他のことが良くても嫌われる話し方をしてしまうと一気に女性が冷めてしまい、ゲームオーバーになってしまうことがあるのです。

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧