スザンヌ 斎藤和巳 離婚

恋愛ゲーミング

スザンヌと斎藤和巳の離婚から学ぶ後悔しない結婚相手の選び方

女性タレントのスザンヌさんが、元ソフトバンク投手で大エースとして活躍した斎藤和巳さんが離婚しました。スザンヌさんと斎藤和巳さんは、結婚する前からいろいろ問題を抱えていたので、やっぱり離婚したかと思った人も多いみたいです。

 

いろいろ言う人はあんな結婚相手を選ぶから失敗したんだと批判します。しかしそういう人に限って結婚相手選びに失敗していたりします。人の振り見て我が振り直せと言いますが、スザンヌさんと斎藤和巳さんの離婚から学ぶべきことは多いです。今回は、スザンヌさんと斎藤和巳さんの離婚から後悔しない結婚相手の選び方を考えてみたいと思います。

 

前の相手との関係が清算できていないうちは付き合ってはいけない

スザンヌさんと斎藤和巳さんの交際が発覚したときに、斎藤さんは実はまだ前妻と離婚調停中でした。男女関係でトラブルが起きやすく避けておきたいことが、前の相手との関係が清算できていない相手と付き合うことです。どんなに相手が好きになったとしても前の相手との関係がさっぱり切れてから付き合いましょう。そうしないとまた同じ問題を繰り返すことがあるからです。

 

実際に今回も事実はまだはっきりわかっていませんが、離婚した理由は斎藤さんの不倫が関係しているのではないかと言われています。実は、斎藤さんが前妻と離婚したのも不倫が原因だと言われています。

 

悪い癖は結婚してもなかなか直ることはない

斎藤和巳さんは、以前から女癖の悪さの評判がありました。前妻の離婚のときは、モデル美女と不倫が原因ですごく叩かれていました。結婚相手を選ぶときに悪い癖があっても結婚すれば直るはずと期待してしまいます。暴力を振る癖、ギャンブルにハマる癖、すぐ切れる癖、すごい消費癖、悪いウソをつく癖など。結婚してもこういった悪い癖は直らないと思っておいたほうがいいです。結婚相手を選ぶ際に、どうしても許せない悪い癖があるなら結婚するかどうかよく考えるべきです。やっぱり無視できない悪い癖を結婚相手にあるなら別れることも検討するべきです。そうしないと結婚すると相手の悪い癖にずっと悩まされることになるでしょう。ついつい結婚相手までになるともうこれ以上の人には会えないと思ってしまいがちです。しかし悪い癖ない結婚相手を探すことは可能です。あまり視野を狭くしすぎないようにしてください。

 

結婚相手は、ゲームで例えると一緒に冒険をする仲間のようなものです。いい結婚相手を選べばゲームは楽しくなりますが、悪い結婚相手を選んでしまうととてもつらく苦しいゲームをやることになってしまうでしょう。

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧