ラブレター 書き方

恋愛ゲーミング

女性がグッとくるラブレターの書き方

女性がグッとくるラブレターの書き方はどうすればいいのでしょうか?昔のように相手に伝える方法が限られていた時代にはラブレターは気持ちを伝える方法として大変有効でした。しかしコミュニケーションツールがこれだけ発達した時代にラブレターを書く人はほとんどいないでしょう。

 

しかしほとんどやらないからこそラブレターを書くことは有効になることもありえます。そこで今回は女性がグッとくるラブレターの書き方をご紹介したいと思います。

 

相手の立場に立って考える

ラブレターを書くうえで相手の立場に立って考えることは基本中の基本です。ラブレターをいざ書くとなるとつい自分の気持ちだけを前面に書く人がいます。しかしそれでは相手の女性には伝わりません。相手の立場をよく考えてラブレターをどう書くか考えてみましょう。相手の状況は今どんな状況で、どんなことに興味があって、どんなことに感情が揺さぶられるのか?そういったことを意識してあなたの気持ちを伝えるのです。

 

シンプルさを心がける

もしあなたがラブレターを渡されて何枚もだらだら書かれていたらどうでしょうか。おそらく読む気が失せるでしょう。相手の女性が読みやすくできるだけシンプルにラブレターを書くようにしましょう。あまり回りくどく書いてあるとあなたの気持ちは伝わらないでしょう。シンプルイズベストです。

 

ほめよう

相手のことが好きになったわけですから褒めることはたくさんあるはずです。優しさだったり、美しさだったり、振り舞など。褒めれて嫌な人はいません。ラブレターでも褒めることは大切です。ただしいろいろ書きすぎるとくどくなるので、ポイントを絞ってできるだけ具体的に褒めるほうがいいでしょう。また、褒めるにしても胸やヒップラインなど性的な事柄を書くのはやめたほうがいいでしょう。

 

自分がどれだけ好意を抱いているのか伝えよう

自分がどれだけ相手の女性のことを好きなのか伝えましょう。暑苦しすぎるのはダメですが、熱意というのは重要です。一緒にいてこんなに楽しかった女性は今までいない。あなたと一緒にいて自分らしくいられるなど。どれだけ好きで重要な相手なのか伝えましょう。

 

文字は丁寧にデザインにもこだわる

当たり前ですが文字はできるだけ綺麗に書きましょう。いい加減に書いてしまえば、それだけで相手は嫌ってしまうかもしれません。また、デザインにもこだわりましょう。本当に好きな相手で付き合いたいと思っているなら安物の便箋や封筒は使わないはずです。デザイン自体はシンプルでいいですが、できるだけ上質なものを使いましょう。

 

いかがでしたか?いろいろポイントを書きてきましたが、大切なことは自分の気持ちを素直に伝えることです。思っていないことをラブレターに書いても相手の女性には伝わりません。どうしてもどう書いたらいいかわからないなら具体例を本やネットなどで探して参考にしてみてください。ただしあくまで参考にするだけで、自分の言葉でラブレターは書かないとうまくいかないでしょう。

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧