長続きする カップル

恋愛ゲーミング

心理学の観点から見た長続きするカップル6つの特徴

長続きするカップルにはいくつかの特徴があります。せっかく好きで付き合い始めたら長続きさせたいのは当然でしょう。

 

今回は、心理学の観点から長続きするカップルの特徴を解き明かしていきたいと思います。付き合っている人もこれから彼女を探そうとしている人も参考になるのではないかと思います。

 

類似性の法則(共通点が多い)

このブログでは何度も書いていることですが、似ているところが多いカップルはやはり長続きする可能性が高いです。なぜなら人は似ているところが多いと親近感を湧くからです。人と仲良くなるには、共通点を見つけることが大切と言われますがカップルでも同じです。共通の話題も多いので仲が深まりやすいのです。

 

マッチング原理(つり合いが取れている)

自分のモテ度を数値化してチェックしたほうがいい理由とは?でも書きましたが、年収、社会的地位、ルックスなど総合的にモテ度が同じぐらいのほうが長続きする傾向にあるようです。年収1億の人と年収300万の人がまったく話がかみ合わないように、カップルでもある程度総合的に判断して釣り合っていないとお互いの関係を続けるのは簡単ではないからです。

 

ザイアンス効果(会っている回数が多い)

気になる女性と仲良くなるためには、接触回数を増やすことが大切です。これはカップルでも同じです。長続きするカップルは、やはり普段から会っている回数は多いです。デートやコミュニケーションを重ねるほど好感度は高まるので長続きするともいえるでしょう。もちろんただ会う回数を増やせばいいというわけではないですが、全体的には接触回数が多いカップルのほうが長続きしています。

 

ボッサードの法則(距離が離れていると結婚率は低い)

遠距離恋愛がなかなか続かないのはなぜか?では遠距離恋愛の難しさを書きましたが、近くに距離に住んでいるほど長続きすると言えるでしょう。近くにいれば、会うことも容易ですし結婚しやすい傾向にあります。遠距離恋愛で長続きさせるのは困難でしょう。

 

ロミオとジュリエット効果

母親に猛烈に付き合うことを反対されたなど困難な状況に陥るほど恋愛は燃え上がるものです。これをロミオとジュリエット効果とも言われています。付き合う前や付き合った後も何か大変あって乗り越えることができれば、長続きする可能性が高いと言えます。逆に困難な状況を乗り越えることができないのであればお互いそれほど好きではなかったかもしれません。

 

相思相愛

お互いにどの程度相手に興味を持っているかによって長続きするかしないか変わってきます。一方の愛が強すぎて一方が冷めることはよくあることです。お互い同じぐらい相思相愛になっているかは長続きするうえで大切な要素でしょう。長続きさせたいならどんなに彼女が好きだとしても熱しすぎないようにバランスを取ることも忘れないようにしましょう。

 

今彼女と付き合っている方はどれだけ当てはまったでしょうか。当てはまることが少なくても落ち込む必要はありません。まだ付き合っているのであれば、改善できるところはたくさんあります。ぜひ参考にして彼女といい関係を長続きさせてください。

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧