彼女 叱る

恋愛ゲーミング

彼女を上手に叱る方法

彼女とずっと仲良くしていればいいですが、叱ることが必要なときもあります。例えば彼女が忘れっぽい性格で、デートなど大事な約束などを忘れてしまったときなどです。

 

どんな人でも悪いところがありますから彼女が多少忘れっぽいことは認めてあげましょう。しかしどうしても外せない大事なことを忘れてしまったときは、叱ることも大切なのです。

 

怒りの感情に流されてはいけない

彼女を叱るとなるとついつい怒りという感情に任せてしまう人います。しかしそれは絶対やってはいけないことです。どんなに怒りが湧いてきたとしても感情に任せてはいけません。怒鳴って叱ってしまうと彼女には、ただ怒っているとしか思われないのです。怒りが湧いてきたらちょっと落ち着いて、冷静になる必要があるでしょう。そして落ち着いてから彼女に叱りましょう。

 

人格否定してはいけない

ついつい彼女を叱るときに馬鹿、ダメ、おかしいなど人格否定の言葉を言ってしまいそうになるかもしれません。しかし彼女の人格否定をするようなことを絶対言ってはいけません。人格否定するとは、彼女の存在を否定することになり、大きく傷つけることになります。そうなるとお互いの関係は悪化することになり、別れることになるかもしれません。彼女を叱るのはあくまで関係をよくするためのものですから人格否定はいけないのです。

 

叱り方を工夫する

「大事なことを忘れるのは良くないけど、ホント○○は優しいよね」「ホント○○優しいけど、大事なことを忘れるのは良くないよ」彼女をうまく叱るために叱る言葉の前か後ろに褒め言葉を持ってくる人がいます。ただしどっちもフォローにならないことがあるのです。彼女を上手に叱るためには、「ホント○○優しいけど、大事なことを忘れるのは良くないよ。ただ何でも正直に誠実なところは大好きだよ」と褒め言葉、叱る言葉、褒め言葉とする必要があるのです。

 

初頭効果と親近効果

なぜか。「大事なことを忘れるのは良くないけど、ホント○○は優しいよね」だと心理学的に初頭効果といって、最初の言葉が印象に残り、フォローした言葉も悪い印象になってしまうことがあるからです。また「ホント○○優しいけど、大事なことを忘れるのは良くないよ」だと心理学的に親近効果といって、最後の言葉が印象に残りすぎて、フォローした言葉が残らないのです。

 

上手にフォローしてあげる

彼女が大事なことを忘れてしまうのが問題だったとしましょう。彼女を叱ることによって改善できたらそれで問題ないです。しかしそれでも改善できないのであれば、例えば大事な約束の前にはもう一度連絡するなど上手にフォローしてあげるのもひとつの解決方法です。彼女を叱ることによって解決する方法もありますが、それだけではないことも忘れないでください

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧