彼女 初キス

恋愛ゲーミング

彼女との初キスで失敗しないための10のポイント

「私とあなたは合わないと思う。別れたほうがいいと思う。」彼女との初キスで失敗するとこういったことにもなりかねません。

 

そんなはずはないとあなたは思うかもしれません。男性にとって初キスはあまり重みがない人はいます。しかし女性にとっては大好きな彼氏との初キスはすごく重要なものです。今回は彼女との初キスで失敗しないためのポイントをご紹介したいと思います。

 

ボディタッチできるかチェック

付き合っていたとしても彼女はまだ初キスしたいと思っていないかもしれません。初キスしたいかどうか知るためには、ボディタッチできるかどうかは一つの指標です。手をつなぐことができる、背中に手を回すことができる。こういったことができれば、初キスを望んでいる可能性は十分ありえます。逆にボディタッチしようとして嫌がったりしたらまだ初キスの準備ができていないかもしれません。

 

デートを楽しんでいるか

デートで初キスできるかどうかは、彼女が楽しんでいるかも参考になります。彼女があなたといてとても楽しそうにしていたら初キスできるチャンスは十分あるでしょう。一方ですごく疲れた態度や帰りたい態度を見せたら初キスをすることは難しいでしょう。そういった場合は焦らず違う機会のほうがいいでしょう。

 

デート中にタブーな話題をする

デート中に下品な話題や奇怪な事件などの話はやめましょう。あなたに幻滅して初キスどころではなくなってしまうでしょう。せっかく初キスのチャンスがあるのに、タブーな話題をして台無しにするほど馬鹿らしいことはありません。タブーな話題をしても彼女はスルーしてくれるかもしれませんが、心の中では軽蔑しているでしょう。

 

強引で焦ること

女性は、恋愛においてプロセスをすごく大切にします。彼女にとって初キスはすごく大きなイベントです。あなたが初キスを焦って強引にしようとすれば、彼女はうんざりするでしょう。少し強引すぎたかなと思ったらすぐに謝りましょう。謝ってもとに戻れば許してくれるはずです。男性は結果をすぐ求める傾向にありますが、強引に焦って初キスをしようとしてもうまくいきません。

 

優柔不断な態度はやめる

もしあなたが彼女と初キスしようと決断したらするべきです。やっぱりやめようかな。やっぱりしようかな。こういった優柔不断な態度は、彼女は嫌がります。彼女との初キスは、あなたも緊張するのはわかります。しかし女性は決断力のある男性のほうが好きです。もちろん彼女が嫌がっているのに、初キスをしようとしたら逆効果になります。

 

突然しない

彼女との初キスまでは流れがすごく大切です。突然不意打ちのように初キスをするのは、よくありません。本当に彼女のことを思っているなら時間をかけて初キスまで持っていくべきなのです。突然初キスをすると彼女も驚き、怒ってしまうことだってあるのです。

 

口臭には特に気をつける

彼女が初キスする気持ちがあってできたとしても口臭がひどかったら二度とキスをしてくれないでしょう。デート前はよく歯を磨いて口臭対策はしておきましょう。またデート中も食事などするなら口臭対策を考えておきましょう。歯ブラシや口臭対策のガムなどを持ち歩いておいたほうがいいでしょう。また、口臭対策しているところを彼女にばれないようにすることも大切です。こういった行為を見られてしまうと彼女は幻滅するでしょう。

 

軽く触れる程度にする

彼女は、キスに慣れていないこともあります。そのため彼女との初キスは、軽く触れる程度のものにしておきましょう。フレンチキスぐらいのほうが、初キスであれば好印象です。欲張ってもっとやろうとすると彼女は嫌がるかもしれません。

 

一回失敗しても諦めない

やり方がまずくて彼女との初キスがうまくできなかったとしましょう。するともう彼女と初キスなんてできないとすごく落ち込む人がいます。彼女との付き合いが続いているのであれば、初キスのチャンスは必ずあります。焦らずまたの機会で初キスをすればいいのです。とにかく投げなりにならないことが大切なのです。

 

タイミングが重要

彼女との初キスをしたいならタイミングはずごく重要です。タイミングに気をつけて初キスをうかがいましょう。初キスのタイミングがわからないなら初キスのタイミングがわからない方への記事を参考にしてください。きっと役に立つはずです。

 

彼女との初キスは、ゲームでいうとダンジョンのボスを倒すような大きなイベントです。ゲームでもボスを倒すまでにはいろんな落とし穴だったり、プロセスがあります。 彼女との初キスを成功させるためには、落とし穴に気をつけて、プロセスを楽しみましょう。焦ってボスを倒そうとしてもうまくいかないように、彼女との初キスも急いではいけません。

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧