別れ 決断

恋愛ゲーミング

別れの決断を揺るぎないものする5つの考え方

別れを決断したのに、いざ行動しようとすると迷いが出てきて別れが切り出せない。別れを自分から決断して別れたのにいつまでも後悔している。よりを戻そう行動しようとする。

 

こういったことはよくある話です。別れを一度決断したなら優柔不断な行動をするのはよくありません。別れの決断を揺るぎないものにするための考え方や手がかりをご紹介したいと思います。

 

別れは辛いがずっとは続かない

どんな男女関係であっても別れはある程度辛いのは仕方がないものです。たとえあなたが別れを切り出したとしても辛い感情は後を引くでしょう。別れがつらくて仕事に身が入らないこともあるでしょう。しかしその辛さはずっと続くものではありません。時間が解決すると言いますが、その通りなのです。別れが辛いからといって恋愛感情がなくなってしまった相手とずるずる付き合いを伸ばすのは良くありません。

 

 彼女がいなくなっても自分の価値は変わらない

だんだん少なくなっていますが彼女がいないと引け目を感じる男性はいます。あなたも彼女がいなくなったら自分の価値は下がると思っていないだろうか。自分の価値はあなたそのものです。彼女がいるかいないか関係はありません。そんな価値観に縛られて別れがなかなか決断できないのはすごく時間を無駄にしているでしょう。

 

あなたが変えられるものではない

付き合っている彼女が性格上大きな問題を抱えている場合にあなたが変えなければいけないと思ってしまいがちです。残念ながら人を変えるのは簡単ではないのです。しかも恋人同士であればなおさらです。暴力癖やヒステリック癖は、あなたが治すものではないのです。彼女自身が真剣に向き合う問題なのです。問題を抱えている人といつまでも付き合っているとあなたにも悪い影響を与えることは間違いありません。別れるかどうか躊躇すべきではないのです。

 

中途半端に付き合うなら別れたほうがいい

彼女に対する気持ちは冷めているのにずるずる付き合う人がいます。はっきり書きますが中途半端に付き合うなら別れたほうがいいのです。別れたほうがお互いもっといい相手を見つけられる機会を与えられるのです。やっぱり別れてよかったというカップルは意外と多いのです。

 

嫉妬心と愛情を理解しておく

嫉妬心と愛情というのはついつい勘違いが起こりやすいものです。彼女のことが本当に好きなのかよく考えておこう。ただ自分の彼女になった女性が他の男にいくのが許せない。こういった感情があるなら要注意です。別に好きではなくなったのに嫉妬心に振り回されるといつになっても次の恋愛にいくことができなくなってしまいます。

 

別れの決断をする前によく自分の中で整理しておく必要があるでしょう。そうしないといつになっても過去の恋愛に縛られることになってしまいます。

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧